お問い合わせ 採用情報 全国取扱店舗 ニュース一覧 活動・取り組み 兵左衛門について
エコロジーと安全 伝統の技 製品について 箸の文化と歴史
製品について
HYOZAEMON|special site
兵左衛門オンラインショップ
製品サポート
カタログのご請求
兵左衛門のカタログにはホームページで掲載されていないものも多数掲載されております。
ご請求フォームへ

製品サポート

お箸の選び方 お箸のお手入れの仕方 塗り直し、削り直し

お箸は自分の手の代わり

道具としての箸に求められるのは、「持ちやすさ」「料理のつまみやすさ」「丈夫で長持ち」の3つ。私たち日本人は食器を手に持って食べる習慣があるため、その食器の手触りにはことのほかうるさいと言われています。中でも箸は、手の代わりとなる大切な道具ですから、しっかりと吟味してきちんと納得できるものを購入したいものです。

自分サイズを知りましょう

箸やお碗に見られる「男サイズ・女サイズ」。これは江戸時代に作り出された決まり寸法で、その頃の男女の身長と手の平均サイズがもとになっています。しかし、今となっては男女の体型比が一様だとは言えなくなったため、まずは下記の方法で自分サイズを測ってみましょう。

測り方

親指と人差し指を直角に広げ、その両指を結んだ長さ(一咫/ひとあた)の1.5倍の長さがちょうどよい箸の長さと言えます。

◎目安表
箸サイズ
身 長
年 齢
13cm
100cm以下
〜2歳
14.5cm
100〜110cm
3〜4歳
16cm
110〜120cm
5〜6歳
18cm
120〜130cm
7〜9歳
こんな測り方も

お子様にも正しいお箸を

箸の持ち方をしつける時、サイズの合わないお箸を使っていては、正しい使い方や持ち方を覚えることはできません。成長にあわせて、手に合うお箸を選んであげましょう。また、子ども箸というと合成塗料製のものが多いのですが、箸をかじりがちな子ども達にこそ自然素材で作られた箸を選んであげたいものです。